FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2019.09.26 (Thu)

また放課後デイサービスが加古川市の一般社団法人愛福祉会

悪質



不正請求で指定取り消し処分 加古川の放課後デイサービス

職員の数を水増しするなど報酬を不正に受け取っていたとして兵庫県は、障害のある子どもの放課後デイサービスなどを運営する加古川市の事業者を指定取り消し処分とすると発表した。

指定取り消しの処分を受けたのは加古川市で障害者の放課後デイサービスや就労支援など2つの事業所を運営する「愛福祉会にじいろ」。

県によると、「愛福祉会にじいろ」は2015年5月から2019年5月までの間に職員の数を水増しした書類を提出したほか、利用者の支援計画を作成していないにも関わらず本来必要な減算をせずに報酬およそ2300万円を受け取っていたという。

2018年12月に匿名の情報提供があり発覚した。
2019年3月に監査を受けた後にも「愛福祉会にじいろ」の代表は不正を隠すためうその書類の作成を従業員に指示したり、虚偽報告を行ったりしたということです。

処分の効力は11月30日で、聞き取りに対し代表は不正を認めているということです。
加古川市などは不正に受け取った報酬およそ2300万円の返還を請求し、利用者の今後の受け入れ先を調整する。


一般社団法人愛福祉会
代表理事 藤井ひとみ
加古川市加古川町北在家285-1




障害児通所支援事業所の指定取消処分について
児童福祉法第21条の5の24第1項の規定に基づき、下記のとおり、令和元年9月19日付けで指定の取消を行いました。


1 事業所等の概要
法人名
一般社団法人愛福祉会にじいろ

事業所名
ふれんず(加古川市)

事業種別
放課後等デイサービス

指定年月日 平成 27 年7月1日

2 処分内容
指定取消処分

3 処分年月日
令和元年 11 月 30 日

4 処分理由
(1)個別支援計画の作成業務など児童発達支援管理責任者として果たすべき一連の責務を行わなかったにもかかわらず、未作成による減算を行わずに基本報酬を不正に請求した。

(2)実際の職員配置では、関連する加算の算定要件を満たしていないにも関わらず、当該加算を不正に請求した。

(3)上記①、②の事実を隠蔽するための書類偽装を従業員へ作成を指示し検査妨害を行うとともに、その虚偽の書類を監査において、提出・提示し、虚偽報告、虚偽答弁を行った。

※ 返還額(概算)約11,935千円(加算金除く)


11月12日現在 ホームページは閲覧できる状態ではあるけれど
処分が11月30日だからか
そやけど
利用してた子供たちがいてたんやろ
虚しいのぉ

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/12

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |