FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2019.10.02 (Wed)

挙げ句の果ては損害賠償を求めて訴えを

「給食死亡事故」で校長らを提訴

3年前、別府市の特別支援学校で、知的障害のある女子生徒が給食をのどに詰まらせて死亡した事故をめぐり、女子生徒の遺族が、県や学校関係者に損害賠償を求める訴えを起こした。

訴えを起こしたのは、平成28年9月、別府市の県立南石垣支援学校で、給食をのどに詰まらせて死亡した林郁香さん(当時17)の遺族。
訴えによると、学校側は、郁香さんには知的障害があり、給食中は常に見守りが必要であることを把握していたにもかかわらず、注意を怠ったうえ心肺蘇生などもしなかったとして、遺族が、当時の校長ら学校関係者4人と県に対し、およそ3700万円の損害賠償を求める訴えを大分地方裁判所に起こした。

この事故をめぐっては、第三者委員会が「見守る人がいなかったのは、大きな問題だ」と指摘する報告書を県教育委員会に提出していた。

1日の会見で、父親の和男さんは「このような事故で亡くなる人がいなくなればという思いで、今回の裁判で争っていきたい」と話していた。
一方、県教育委員会の工藤利明教育長は「訴状を見ておりませんので、コメントは差し控えます」としている。



特別支援学校で女子生徒が給食詰まらせ死亡 2016年10月12日
大分県によると、林さんは9月15日の給食時間中、見守り役の担任教諭が席を立っている間に、床にうつぶせに倒れた。救急搬送され、気管支から献立に含まれていた卵焼きが見つかった。
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3005.html

大分県立南石垣支援学校vs大分県教育委員会vs第三者委員会vs遺族 2018年2月22日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3907.html

給食中倒れ生徒死亡、元校長ら書類送検 業過致死の疑い 2018年5月7日
書類送検されたのは
当時の校長56歳+当時の担任教諭43歳+養護教諭49歳+養護教諭55歳
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4022.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/10/02

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |