FC2ブログ
2020年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2019.10.16 (Wed)

やっぱ糾弾したほうがエエわ社会福祉法人かながわ共同会

女子児童に性的暴行か 社会福祉法人の元園長を逮捕

社会福祉法人の元園長の男が当時小学6年生の女子児童に性的暴行を加えたとして、県警に逮捕された。

強制性交の疑いで逮捕されたのは、社会福祉法人かながわ共同会愛名やまゆり園の元園長、高橋英行容疑者(59)。
県警によると、高橋容疑者は、去年11月から12月にかけて、厚木市内に住む当時小学6年生の女子児童に複数回にわたって性的暴行を加えた疑いが持たれている。

高橋容疑者は、女子児童の親と知り合いで、女子児童が自宅で1人でいたところを狙って犯行に及んだとみられる。 調べに対し、高橋容疑者は容疑を否認しているということで、県警が事件のいきさつを慎重に捜査している。


小6女児に性的暴行疑い 障害者支援施設:愛名やまゆり園の前園長逮捕

当時小学6年で12歳だった女子児童に性的暴行を加えたとして、神奈川県警厚木署は16日、強制性交の疑いで、同県厚木市の障害者支援施設「愛名やまゆり園」の前園長、高橋英行容疑者(59)=同県中井町田中=を逮捕した。「体を触ったことは間違いないが、性交したことは覚えていない」などと供述している。

逮捕容疑は平成30年11月下旬ごろから12月上旬ごろまでの間に、厚木市内の女子児童の自宅で、複数回にわたって女子児童に性的暴行を加えたとしている。

同署によると、高橋容疑者は女子児童の親と面識があり、親が留守の間を見計らって女子児童の自宅を訪れ、犯行に及んでいたとみられる。今年7月に女子児童の親族から同署に相談があり、事件が発覚した。

愛名やまゆり園を運営する社会福祉法人「かながわ共同会」によると、高橋容疑者は26年4月から、今年8月まで園長を務めていたという。同署が余罪の有無などを調べている。


愛名やまゆり園の前園長 高橋英行59歳 しかも法人の役員でもあった



あの相模原障害者施設殺傷事件で名の知れた
津久井やまゆり園を運営していた社会福祉法人かながわ共同会だ

役員名簿では常勤で施設の管理者が4名も
なんちゅう社会福祉法人や


理事全員の報酬等の総額が42,851,160円

小6女児に強制性交疑い、愛名やまゆり園前園長逮捕

神奈川県警は16日、当時小学6年の12歳の女子児童に複数回にわたって性的暴行を加えたとして、強制性交の疑いで、同県厚木市の障害者支援施設「愛名やまゆり園」の前園長、高橋英行容疑者(59)を逮捕した。逮捕容疑は、18年11月から12月にかけて、厚木市内で複数回にわたって女子児童に、わいせつな行為をした疑い。

愛名やまゆり園を運営する社会福祉法人によると、高橋容疑者は園長を務めていた8月13日に、法人に対し、退職届を提出したという。その際、同容疑者は「園長を続けられない事態が起きた」と説明し、聞き取りに対し、知人の娘である女子児童に不適切な行為を行ったという趣旨の説明をしたという。法人としては、業務外のことで高橋容疑者の説明以外、事実確認のしようがなく、ひとまず退職届は受理せず、園長のみ交代し、事態の推移を見守っていたという。

愛名やまゆり園は、1966年(昭41)に、知的障害を持つ児童の施設として設立され、その後、知的障害者施設に全面転換され、2006年(平18)に現在の運営法人に指定管理業務が委託された。現在は100人が入所し、130人が生活介護、20人が短期入所している。運営法人は、16年7月に入所者ら45人が殺傷される事件が発生した、相模原市の津久井やまゆり園も運営している。

高橋容疑者は、運営法人に1990年(平2)に入社し、愛名やまゆり園を含む3施設に勤務し、14年から同園の園長を務めていた。



2019年10月17日
愛名やまゆり園元園長の逮捕についてのお詫び

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/21

Blog Top  | 社会福祉法人かながわ共同会まとめ | コメント(3) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

■そのとおりです

糾弾よりかわ法人解体ですよ
名無しさん |  2019.12.14(土) 17:20 |  URL |  【コメント編集】

女子児童に不適切な行為を行ったという趣旨の説明があった時点で社会福祉法人の職員として相応しくない、この時点で法人は自首を何故、促さず
、まして「業務外のこと」などと詭弁を弄するのか。法人は何故、被害児童の親族に自ら事実確認しないのか。社会の公器である社会福祉法人の自覚が欠如してはいないだろうか。

以下の無責任な対応が甚だ残念でならない。

愛名やまゆり園を運営する社会福祉法人によると、高橋容疑者は園長を務めていた8月13日に、法人に対し、退職届を提出したという。その際、同容疑者は「園長を続けられない事態が起きた」と説明し、聞き取りに対し、知人の娘である女子児童に不適切な行為を行ったという趣旨の説明をしたという。法人としては、業務外のことで高橋容疑者の説明以外、事実確認のしようがなく、ひとまず退職届は受理せず、園長のみ交代し、事態の推移を見守っていたという。
名無しさん |  2019.10.19(土) 02:11 |  URL |  【コメント編集】

社会福祉法人の現職に理事であり、園長の重責を担いながら、
小学生に対して性的暴行を行なっていたのが真実であれば、
許し難いこと。
記事によれば、被害者の親族が警察に被害の相談があった後に
法人に退職願いを本人が提出しており、自らの犯行の認識がなけ
れば、退職願いを提出する必要もなく、法人は園長本人から犯行
を確認した時点で何故、懲戒解雇と自首させなかったのだろうか。
本人の話だけで確認のしようがないとの法人のコメントは社会福祉
法人としての自覚が感じられない。もし、証拠が不充分で逮捕に至
らなければ、そのまま公表も処分もせず、雇用し続けていたのが容
易に推測できる。
社会福祉法人であれば、退職願いが提出された時点で本人に自首を
促し、被害者への謝罪を申し出るべきではないだろうか。
名無しさん |  2019.10.19(土) 01:56 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |