FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2019.10.23 (Wed)

特別支援学校で ⇒ オマエら人に物を教える立場で*懲戒免職はアタリマエや

3件立て続けに起きた特別支援学校での事件


男性講師が生徒に暴力、暴言 熊本県立の特別支援学校

熊本県立の特別支援学校で、担任の男性講師が、男子生徒を殴ったり、暴言を言ったりする行為を繰り返していたことが22日、分かった。同校は「不適切な指導」として、生徒と保護者に謝罪。23日に保護者説明会を開く。

男子生徒の母親によると、男性講師は6~10月に教室内で、生徒の下腹部をつかんだり、腹をたたいたりしたほか、「くさい」などの暴言を浴びせていたという。

10月上旬、別の担任から「生徒が言うことを聞かなかったため、講師が下腹部をつかみ、泣かせてしまった」と、母親に電話で連絡があり発覚。同校が聞き取りなどで調査した結果、「不適切な指導や関わり」を複数回確認したという。

講師は生徒側に謝罪し、通勤を控えているという。同校教頭は「許されない行為。県教委との相談の上、保護者や子どもに寄り添いながら対応する」としている。
母親は「教師として考えられない行為で、なぜ起きたのかしっかり調べてほしい。今後、こういうことを起こしてほしくない」と話している。



秋田県内の特別支援学校の教諭が生徒の体を触る わいせつ行為 懲戒免職に

秋田県教育委員会は18日、生徒の体を触るわいせつな行為をしたとして、県内の特別支援学校に勤務する30代男性教諭を懲戒免職処分とした。県内の特別支援学校の教諭がわいせつ行為で懲戒免職となるのは初めて。

県教育庁特別支援教育課によると、わいせつ行為があったのは9月上旬。被害生徒の保護者から校長に相談があり、発覚した。ただ、保護者から強い要望があるとして教諭の勤務先や、生徒との関係性、行為の場所などは明らかにしていない。刑事告発は行わない方針。



大阪の特別支援学校で教員間トラブル 「いじめ」と女性教諭 

大阪府南部の府立特別支援学校に勤務する女性教諭(58)が、同僚の30代の男性教諭から何度も罵倒されるなどのいじめを受けたと訴えたにもかかわらず、適切な指導を行わなかったとして、支援学校を運営する大阪府などに対し、慰謝料など計600万円の支払いを求める訴訟を大阪地裁に起こしていたことが16日、わかった。

訴状によると
女性教諭は平成26年6月、男性教諭が、新任の教諭らを高圧的な態度で指導していたため注意したところ、「お前もそこらへんのおばはんと一緒やったのう。見てたらムカムカする。さっさと消えろ」などと怒鳴られた。別の日にも生徒への指導方針をめぐって、多数の教員の前で「俺に恥をかかせた」「謝れや」などと長時間にわたり罵倒されたとしている。女性教諭はその後、急性ストレス障害と診断され、約3カ月間休職した。

原告側によると
男性教諭はほかにも、扇風機を壊したり、机を蹴ったりするなど周囲に対して威圧的な言動を繰り返し、少なくとも同僚の教諭8人が睡眠障害などになった。また、同時期に複数の生徒の頭をたたくなどの体罰もあったと訴えている。

男性教諭への懲戒処分は行われておらず、現在、大阪府内の別の支援学校で勤務。産経新聞の取材に対し、府教育庁は「学校からの報告書をもとに、教諭に対しては適切に対応した」とコメント。原告の女性教諭は「神戸での教員いじめが問題となっているが、氷山の一角。見過ごされれば、新たな被害者が生まれかねない」と訴えている。



「障害者だからって許されると思うな」 大阪府の支援学校教員が生徒に暴言、処分へ

大阪府教育庁は23日、府立特別支援学校の40代男性教諭が中学部の男子生徒に、「障害者やからって許されると思うな」などと暴言を吐いたと明らかにした。同庁は「教諭として許されない人権侵害だ」として、教諭の処分を検討している。

同庁支援教育課によると教諭は9月、教室内で男子生徒の歩行介助のために手を差し出した際、関節の変形症があった自身の指を強くつかまれて激高し、暴言を吐いた。「ぶん殴るぞ」とも発言し、座っていた生徒を押すなどした。

居合わせた同僚教諭が教頭に報告。同校は生徒の保護者に謝罪した。教諭は自宅待機中。「激痛で冷静になれなかった」と話し、退職の意向という。

大阪府教育庁によると、府内の支援学校に勤める40代の男性教師は、先月の授業中、痛めていた小指を中学部の男子生徒につかまれたことに腹を立て「障害者だからといって許されると思うな」「ぶん殴るぞ」などと、大声で暴言を浴びせた。

また、男子生徒は歩くのに介助が必要だったが、あごを持って約2メートル、無理矢理移動させたり、生徒の手をつかんで胸を突いたりする体罰を加えていたという。

男性教師は調査に対し「今までに経験したことのない激痛が走り、頭が真っ白になった。そんなことをしたことが信じられない」などと説明している。男性教師は現在、自宅待機中で、自主退職を申し出ていて、大阪府教育庁は処分を検討しています。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/10/24

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |