FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2019.10.27 (Sun)

株式会社ネオユニットの就労継続支援A型事業所エミシア ⇒ 妥当な解雇判決と思うわ

こんなことって ふつう 不当解雇って言わないだろ

株式会社ネオユニット
就労継続支援A型施設エミシア
札幌市東区北7条東4丁目15-36グランヒルズ1F


障害者の就労支援事業所が 突然閉鎖されたので不当解雇だ!

障害者らの解雇 ⇒ 有効 札幌地裁判決 慰謝料請求は認める 10月3日

札幌市東区の就労継続支援A型事業所「エミシア」が突然閉鎖され、不当解雇されたとして、施設を利用していた障害者と職員計10人が施設の運営会社と代表を相手取り、解雇の無効確認と慰謝料などの支払いを求めた訴訟の判決が3日、札幌地裁であった。高木勝己裁判長は「閉鎖はやむを得ず、手続きも妥当」として解雇を有効と判断した。

一方で解雇の説明時の対応が障害者への配慮に欠けたとして、原告のうち施設の利用者8人に各11万円を支払うよう、会社と代表に命じた。

判決によると、エミシアの運営会社「ネオユニット」(同市東区)は2017年3月30日、利用者と職員に1カ月後の施設閉鎖と全員の解雇を通知。同4月18日に説明会を開き、閉鎖の理由を「退職する職員の後任が確保できなかった」などと伝えた。

判決理由で高木裁判長は赤字が続き、将来の職員不足も明らかと閉鎖の必要性を認めた
1カ月前の解雇通知や説明会の開催を理由に 会社側は納得を得る努力をしたと述べた。

一方で個別説明など障害に配慮した丁寧な対応を怠り、利用者の体調を悪化させたとして、慰謝料の支払いを命じた。特別な配慮は不要として、原告のうち職員2人の請求は退けた。

原告は17年10月に提訴。1人当たり110万円の慰謝料や、閉鎖がなければ得られた賃金を求めていた。


なんでもかんでも裁判すればエエっちゅうもんやない
この文面でも判るように
経営赤字が続き1カ月前に解雇通知した (裁判官がおっしゃった)
説明会を開いた (裁判官がおっしゃった)
何が問題なの?
そやけど
この経営者は経営能力が無かったっちゅうことやな
ママごとしとったんやろ
B型ではなくてA型だろ
働く以上は場を選ぶ 大事でっせ

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/10/27

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |