FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2019.11.20 (Wed)

ほんと許し難い海田市駅の駅長の行為

広島県海田町のJR海田市駅の駅長が、尼崎JR脱線事故の現場に設けられた追悼施設に向かう途中に撮影した写真に「仁義なき戦い」と書き込んで、駅の事務室内に掲示していた。


仁義なき戦い って バカ?


JR西日本社員が脱線事故慰霊施設を揶揄するような写真

JR西日本の駅で、福知山線脱線事故の慰霊施設「祈りの杜」を揶揄するような写真が掲示されていたことが分かった。

掲示されていた写真は兵庫県尼崎市の「祈りの杜」の近くで先月下旬に撮影され、「仁義なき戦い祈りの杜へ」と記されている。
映っているのは社員で、広島県にある海田市駅の事務室の掲示板に数日、掲示されていた。

JR西日本によると、撮影した海田市駅の駅長は「他の社員にも事故現場を訪問してもらいたいと思い、深く考えずに表題を付けた。表題は広島を舞台にした映画から取った」と話したという。

JR西日本は、脱線事故の車両を社員の研修施設で保存する方針を示したばかりで、「誤解を招く表現で、駅長を厳しく指導した」と説明している。


JR福知山線脱線事故は2005年4月25日に
福知山線塚口駅~尼崎駅間で発生した列車脱線事故



脱線事故の慰霊は「仁義なき戦い」 JR西駅長が掲示

広島県海田町のJR海田市(かいたいち)駅で、男性駅長(60)がJR宝塚線(福知山線)脱線事故の現場に整備された慰霊施設「祈りの杜(もり)」を揶揄(やゆ)していると受け取られるような写真を駅事務室内に貼り出していたことが19日、JR西日本への取材で分かった。

JR西によると、駅長は10月25~30日、「仁義なき戦い 祈りの杜へ」と書いた紙を印刷し、複数のJR西社員が祈りの杜に献花に向かう様子を撮った写真に貼り付けて掲示したという。今月18日に同社に「不適切ではないか」と指摘があり、発覚した。

駅長は社内の聞き取りに対し、「他の社員にも祈りの杜に行ってもらおうと考えて、自分が行った時の写真を掲示した」と説明しているという。「仁義なき戦い」の文字については、複数の男性社員が黒いスーツ姿で立っている様子が「広島を舞台にした暴力団を描いた映画に似ていたから、深く考えずに書いた」と弁明しているという。


事故から14年
この駅長は当時46歳だった
ふざけた駅長やな
コヤツそろそろ定年だろ
どうでもエエけど
ふつうにこれからの人生を生きろよ


不適切写真掲示の駅長解任 11月22日

広島県海田町のJR海田市駅の駅長が尼崎JR脱線事故の追悼施設に向かう途中で撮影した写真に「仁義なき戦い」などと不適切な文言を書き込み、駅の事務室に掲示したとして、JR西日本は22日、駅長を解任し、出勤停止7日間の処分にした。
また、管理責任があるとして同社の来島達夫社長を減給30%(1カ月)、北野真広島支社長を減給10%(1カ月)の処分とした。

Blog Top  | つぶやき | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |