FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2019.11.28 (Thu)

北九州市の あの社会福祉法人が

児童養護施設運営の双葉会に改善勧告 理事会正常化など

北九州市は27日、児童養護施設などを運営する社会福祉法人双葉会(小倉南区)が適格性を欠く施設長を放任するなど内部統制が機能していないなどとして、同法人に理事会の正常化や適正人材の配置などを求めるなど改善勧告を出した。

市は6~11月、同法人の児童養護施設で指導員が入所児童を殴るなど不適切運営の疑いがあるとして特別指導監査を実施。その結果、別の児童養護施設で施設長が定められた勤務時間に就業せず、勤務先とは別の施設の給食を「検食」と称して自宅に持ち帰っていた。


北九州市が社会福祉法人と児童養護施設に是正勧告

入所児童への性的虐待容疑で元指導員が逮捕された北九州市小倉南区の児童養護施設について、市は運営する社会福祉法人に対し、理事会の刷新などの是正勧告を出しました。

是正勧告が出された北九州市小倉南区の児童養護施設では、これまでに入所児童4人に対し性的虐待をしたとして、元指導員の男が3回逮捕されるなどしていた。

これらの逮捕を受け北九州市では、児童養護施設や施設を運営する社会福祉法人に特別指導監査を行い、問題点の洗い出しを行ってきた。

その結果、再発防止策が不十分であるなど管理体制に問題があるとして、透明性を重視し親族関係を重視した理事会の刷新などを求める是正勧告を出した。

市によると、年末までに提出を求める「是正改善報告書」の内容次第では、法人に業務停止命令などの措置もとるとしている。


性的虐待 児童施設に改善勧告

北九州市にある児童養護施設の元職員が、入所する児童にわいせつな行為をしたとして逮捕・起訴された事件を受けて、市は特別監査を行った。
その結果、施設の管理運営体制に大きな問題があったとして、施設と施設を運営する社会福祉法人に対して改善のために必要な措置を取るよう勧告した。

北九州市が改善勧告を行ったのは、市内にある児童養護施設と施設を運営する社会福祉法人。

この施設では、児童指導員だった元職員が入所する児童にわいせつな行為をしたとして、ことし6月に逮捕されたあと起訴されていて、市は特別監査をしていた。

市によると、監査などの結果、元職員は平成28年ごろから10代の男子児童4人に性的虐待を行っており、深夜や休日などのシフト外の時間に頻繁に施設内に残っていたのに施設長が把握しておらず、注意や指導が行われていなかったという。
また、事件が発覚するまで虐待を防ぐための研修が行われておらず、外部からの通告で事件が発覚するなど、施設内で児童を注意深くケアできていなかった。

このため、市は施設の管理運営体制に大きな問題があったとして、施設と施設を運営する社会福祉法人に対して、改善のために必要な措置を取るよう勧告した。

北九州市は、来月26日までに改善に向けた報告書を提出するよう求めていて、「応じなかったり内容が不十分だった場合は、業務停止命令などの措置を取る可能性もある」としている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/28

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |