FC2ブログ
2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2019.12.06 (Fri)

また神戸市が ・・・

また
またかよ

一年半前のこと でっせ

こんなんだから
隠蔽体質は改善改革できないんだろ
オマエら閉鎖的な福祉法人がおまえら独自で改善できるんですか
にしても
指導監督せなアカン神戸市がこんなんだからな


とんでもない福祉法人
そして
もうどうでもええ神戸市
アホ?

神戸市北区の障害者施設 園長が入所者はねて重傷

2018年4月、神戸市北区の障害者施設の園長が車で入所者をはねて重傷を負わせていたことが分かった。
2018年4月、兵庫県神戸市北区にある「神戸光の村授産学園」の近くで、56歳の園長の男性が車で42歳の入所者の男性をはねた。

園によると、早朝マラソンが行われていた午前6時ごろ、ほかのランナーを避けようとハンドルを切った園長が男性を後ろからはねたのを設置している防犯カメラで確認したという。
男性は右足を骨折する重傷。

園長は当初、「男性が飛び出してきた」と説明していたが、その後、運転を誤ったことを認めている。

また、警察への届け出は事故の翌日になっていて、「過去に救急車の到着まで時間がかかったことがあり、自分の車で病院に行き、一晩付き添ったため」と述べている。

園は神戸市に事故と園長の減給処分を報告しているということだが、市は守秘義務があり、園の対応が適切だったかどうかなど答えられないと。


守秘義務って
秘密って
何の秘密なんですか?
なんで秘密を守ることなんですか?
神戸市さん

知的障害者を車ではねて通報せず 神戸の施設園長、市に虚偽報告も

神戸市北区の知的障害者入所施設の園長で、運営する社会福祉法人の男性理事長(56)が昨年4月、施設付近で乗用車を運転中に園生の男性をはねて重傷を負わせた後、警察や救急車を呼ばずに自ら病院へ搬送していたことが5日分かった。理事長は当初、男性の保護者や法人を指導監査する同市に「園生が飛び出してきた」と説明していたが、事実と違っていた。

施設関係者によると、事故は昨年4月5日午前6時すぎに発生。早朝マラソンをしていた園生の男性(42)に、理事長の車が後ろからぶつかり、男性は右足を複雑骨折する重傷を負った。理事長は男性を自分の車に乗せて同市西区の病院に搬送、翌日に警察に届けた。

その後、付近の防犯カメラ映像から、理事長がマラソン中の別の園生を避けようとハンドルを切り、男性をはねたことが判明。理事長は略式起訴され、罰金刑の略式命令を出された。

男性の家族は「かなり出血していたのに救急車を呼ばず、施設職員を通じて病院を探すなどしたため、事故から病院到着まで1時間半近くもかかった」と指摘。「事故原因も、状況を説明できない息子のせいにしようとした。市にも事実と違う報告をした」と憤る。

一方、理事長は「病院到着まで1時間半もかかっていない」とした上で、「以前、救急車が施設に到着するのに時間がかかったことがあったので自分で運んだが、救急車を呼ばなかったのは申し訳ない」とした。

当初「園生が飛び出した」と市などに報告していたことには「勘違いしたが、防犯カメラを見たら違った。園生が走るコースに車で入ったことを反省している」と釈明。市からは指導を受けたという。市は「指導内容は答えられない」としている。


特定非営利活動法人 兵庫セルプセンター
理事長 山﨑玲輔
神戸光の村授産学園
神戸市北区淡河町木津383

あのな
こういう事件事故は
告発せえよ
職員が
そして保護者が

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/12/06

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |