FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2019.12.12 (Thu)

また放課後等デイサービスが*今度は虐待 ⇒ 雲隠れ

障害児通所施設で虐待か 元職員は音信不通で調査できず

なんのこっちゃ 放課後等デイサービス

障害のある子どもが通う横浜市泉区の放課後等デイサービス事業所「フレンズ弥生台」で、職員が10代前半の知的障害がある男性利用者をたたいたという情報が市に寄せられた。だが、職員と連絡がとれなくなり、市や事業所側による調査は終了。虐待があったのか、事実関係がはっきりしないままとなっている。

市関係者によると、「男性利用者のほおにミミズ腫れがあり、腕に青あざがある」という情報提供があり、6月5日に市がフレンズ弥生台を調査。複数の職員が市の聞き取りに対し、5月下旬に40代の男性職員がこの利用者をたたいていたと証言したという。男性職員は、実務経験などに基づいて厚生労働省が定める「児童発達支援管理責任者」を務め、フレンズ弥生台ではサービスの中心的役割を担っていた。

フレンズ弥生台の運営会社「Origin(オリジン)」(茨城県)の代理人弁護士によると、この男性職員が他の利用者もたたいていたと、フレンズ弥生台の別の職員が証言したという。だが、男性職員は市の調査直後の6月6日から出勤しなくなり、オリジン側が自宅を訪問したり、内容証明郵便を2回送ったりして調査しようとしたが接触できず、7月に懲戒解雇したという。代理人は取材に「適正な対応をとって再発防止に努めております」と語った。

市もオリジンを通じて男性職員への聴取を試みたが実現せず、調査を打ち切った。虐待の有無や外傷との因果関係は不明のままだが、市障害児福祉保健課は「本人に聞き取りができないので、これ以上調査できない」としている。

男性職員は利用者ごとに個別支援計画を作る業務を担当していたが、一部の利用者の分が作成されておらず、市は今年9月、児童福祉法に基づきフレンズ弥生台に改善を指示。今後、同計画を前提に、国などが過大支出した数百万円の給付金が返還される見通しだ。

信用調査会社などによると、オリジンは2008年設立。同社によると、首都圏などでフレンズ弥生台などの障害児通所施設12カ所、薬局8店舗を展開している。


夜逃げ 児童発達支援管理責任者 雲隠れ

厚生労働省
放課後等デイサービスの運用状況について 平成30年12月27日
https://www.mhlw.go.jp/content/12601000/000481905.pdf

事業所数の推移等について

事業所数 12,332か所 (平成30年3月末現在)

新設届提出事業所 (平成30年4月1日~9月末)
1,346 か所

廃止・休止届提出事業所 (平成30年4月1日~9月末)
369か所

事業所数 13,346 (平成30年9月末現在)
月平均利用者は約20万人


平成30 年4 月~9 月末日の間に、廃止・休止届を提出した事業所数は369 か所であり、主な廃止・休止理由は「人員配置基準を満たせない」「その他(事業所統合等)」となっている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/12/12

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |