FC2ブログ
2020年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2019.12.18 (Wed)

菊池市の株式会社ともづなリハサービス行政処分



熊本の老人ホームで虐待 床ずれを放置 2019年7月18日
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4546.html


入所者虐待の老人ホームに行政処分

熊本県は、入所者に虐待行為などを行っていたとして菊池市で訪問介護事業所や有料老人ホームなどを運営する『ともづなリハサービス』に対し、18日付で事業の一部停止を命じる行政処分をした。

今年2月に立ち入り調査した際、家族の同意を得ずに柵などを使ってベッドから出られないように入所者の体を拘束したり、医師に指示された薬を投与しなかったり、床ずれを主治医に報告しなかったことなどを確認。
中には床ずれで骨まで見える入所者もいたということで、菊池市も今年6月「虐待があった」と認定していた。県は6カ月の新規利用者の受け入れ停止と虐待の原因解明や発生防止を命じた。

県によると、人格尊重義務違反による行政処分は初めてという。同事業者はTKUの取材に対し「家族への説明や主治医との連携をきちんとしながら信頼回復に努めていきたい」としている。

ともづなリハサービスの男性副部長(34)は
県の指摘を受け、これまで以上に主治医などとの連携を密にして、利用者や家族の信頼回復に努めたい
と述べた。


こういう福祉の仕事をすれば っていうか 一般常識です
アタリマエなことやろ

こんな施設で働いてて オマエら恥ずかしくねぇか?


オマエら 何ーも感じないか?

ちょっと おかしいんじゃね って

介護士のレベルとかじゃなく 人間として 

介護保険法に基づく行政処分について 2019年12月18日

有料老人ホームに対する改善命令について 2019年12月18日

介護保険法に基づく指定の一部の効力の停止について 2019年12月18日

株式会社ともづなリハサービス(菊池市)が運営する、指定訪問介護事業所、指定訪問看護事業所及び指定介護予防訪問看護事業所に対して、介護保険法に基づく指定の一部の効力の停止(新規利用者の受入の停止6か月)を行いましたのでお知らせします。

1 事業者等
(1)事業者名 株式会社ともづなリハサービス(代表取締役 冨来 一到)
所在地:熊本県菊池市西寺1581番地

(2)事業所名
① ヘルパーステーション ともづな
所在地 :熊本県菊池市西寺1581番地
サービスの種類:訪問介護
② 訪問看護ステーション ともづな
所在地 :熊本県菊池市西寺1588番地1
サービスの種類:訪問看護
③ 訪問看護ステーション ともづな
所在地 :熊本県菊池市西寺1588番地1
サービスの種類:介護予防訪問看護

2 処分内容
指定の一部の効力の停止(新規利用者の受入の停止6か月)
3 停止期間
令和元年(2019年)12月18日から令和2年(2020年)6月17日まで

4 処分理由
【指定訪問介護事業所・指定訪問看護事業所】
(1)人格尊重義務違反
(2)運営基準違反
(3)虚偽書類の作成及び虚偽報告

【指定介護予防訪問看護事業所】
(1)人格尊重義務違反
(2)運営基準違反
(3)虚偽書類の作成及び虚偽報告


有料老人ホームに対する改善命令について

老人福祉法第29条第13項の規定により、下記のとおり改善命令を行いました。                              

                                



1 有料老人ホームの設置者及び所在地
  株式会社ともづなリハサービス
  熊本県菊池市西寺1581番地

2 有料老人ホームの名称及び所在地
(1) ケアホームともづな(菊池市西寺1581番地)
(2) ケアホームともづな弐番館(菊池市西寺1588番地1)

3 命令の内容
(1) 令和元年(2019年)6月21日付けで菊池市長が認定した虐待の事実について、改めてその原因を解明すること。
(2) 上記(1)を踏まえ、適正な運営体制及び人員配置等を考慮することにより、貴法人設置の有料老人ホームの入居者の心身の健康の保持及び生活の安定を図り、高齢者虐待の発生の防止のための措置を講じること。
(3) 上記(1)及び(2)の内容について、令和2年(2020年)1月31日までに熊本県に報告すること。

4 命令を行う理由
  平成31年(2019年)2月に菊池市長が、「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」第24条の規定に基づく調査を実施したことを踏まえて、県も同月に老人福祉法第29条第11項の規定に基づき、2回の立入調査を実施。
  その後、令和元年(2019年)6月21日付けで菊池市長が、貴法人が運営する有料老人ホーム「ケアホームともづな」及び「ケアホームともづな弐番館」における高齢者虐待を認定した。
  当該認定以後、県は、老人福祉法に基づき、当該有料老人ホームへの立入調査等を断続的に実施し、併せて運営関係者への証言聴取を行い、菊池市長が認定した虐待の事実を確認した。
  このことは、老人福祉法第29条第13項に規定する「その他入居者の保護のため必要があると認めるとき」に該当する。

5 命令年月日
  令和元年(2019年)12月18日



【参考:老人福祉法関係条文抜粋】
(有料老人ホーム)
第二十九条
13 都道府県知事は、有料老人ホームの設置者が第四項から第九項までの規定に違反したと認めるとき、入居者の処遇に関し不当な行為をし、 又はその運営に関し入居者の利益を害する行為をしたと認めるとき、その他入居者の保護のために必要があると認めるときは、当該設置者に対して、その改善に必要な措置を採るべきことを命ずることができる。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/12/19

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |