FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2020.01.09 (Thu)

めだか保育園のプール死亡事故*判決は2月14日

保育園プールで女児死亡 元園長らに禁錮1年求刑

2017年に、さいたま市緑区の保育園のプールで、当時4歳の女の子が死亡し、業務上過失致死の罪に問われている元園長と保育士の女の裁判で、検察側は2人に禁錮1年を求刑した。

起訴状などによると、「めだか保育園」の元園長黛秋代被告(70)は、2017年8月、園庭のプールで園児への十分な監視を取らせるなどの注意義務を怠り、堀口茜被告(32)は、園児から目を離したことで赤沼美空ちゃん(当時4)を死亡させたとして、業務上過失致死の罪に問われている。

9日の裁判で、検察側は黛被告に対し「園長の立場でありながら、監視のガイドラインを実行しないなど、監視体制について真剣に検討せず、責任は重大」と指摘した。また、堀口被告については「監視以外の業務を後回しにして、普段以上に監視を徹底すべきだった」とし、2人に対し禁錮1年を求刑した。

一方、黛被告の弁護側は「事故の前からプール遊びについて、子どもから目を離さぬよう注意や指示はしていて、相手に謝罪するなど反省の態度を示している」と主張した。また堀口被告の弁護側は「組織自体の体制が不十分であり、被告のみの過失とはいえない」と述べ、いずれも情状酌量を求めている。

判決は、2月14日に言い渡される。




北村裁判官は判決理由で
「園児の生命や身体の安全を守るべき立場にありながら、死亡させた結果は重大だ」と指摘。
一方で「両被告とも過失を認め、幼い子どもを失った遺族の悲しみを受け止めて、深く反省している」と述べた。


元園長らに有罪判決

3年前、さいたま市の保育園のプールで4歳の女の子が死亡し、元園長ら2人が業務上過失致死の罪に問われた裁判で、さいたま地方裁判所は、2人に執行猶予のついた有罪判決を言い渡した。

平成29年8月、さいたま市緑区の保育園のプールで、園児の赤沼美空ちゃん(当時4)が死亡した事故では、元園長の黛秋代被告(70)と、当時保育士として勤務していた堀口茜被告(33)が業務上過失致死の罪に問われた。

14日の判決で、さいたま地方裁判所の北村和裁判官は、2人が事故を防ぐための対策や注意を怠っていたとし、「園児の生命や身体の安全を守るべき立場であったのに、幼い命が失われた結果は重大で、過失の程度は重い」と指摘した。

一方で、いずれも過失を認め、深く反省しているなどとして、禁錮1年の求刑に対し、元園長に禁錮1年、執行猶予4年、元職員に禁錮1年、執行猶予3年の有罪判決をそれぞれ言い渡した。


美空ちゃん
天国で安らかにお眠りください
いつまでも子供たちのこと見守ってね

 めだか保育園 まとめ

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/02/15

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |