FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2020.01.22 (Wed)

胡散 ⇒ どう見ても臭いよな ⇒ 福岡県のとある社会福祉法人

福岡の社福法人、不正受給か 前理事長が1億円着服か

福岡県糸島市の社会福祉法人二丈福祉会の前理事長(2017年に死亡)が、12年に開設したサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の総工費を約1億円水増しして申請し、国の補助金の一部を不正受給した疑いのあることが21日、分かった。

前理事長の関係者によると、不正受給した補助金は1千万円を超えるとみられる。前理事長は水増しした工事代金約1億1千万円を還流し、私的に着服していたという。福岡地裁は昨年11月の民事訴訟の判決で、前理事長による総工費の水増しや着服を認定した。

福祉会は前理事長が1989年に設立し、県内で特別養護老人ホームやデイサービスを運営。2011年に県内の建設会社にサ高住「くらじの里家」(69戸、同県直方市)の新築工事を発注、12年に完成した。総工費は6億9300万円として、国土交通省に補助金を申請した。

補助制度は、自治体の認定を受けたサ高住を新築した事業者が対象。総工費のうち、共用部分やデイサービス室の建設、バリアフリー化にかかった工事費の3分の2を助成する。国交省への情報公開請求によると、くらじの里家は約2億6114万円が補助対象で、1億7410万円を助成した。

関係者は前理事長から「補助金を多くもらえないか」と相談を受けたと説明。前理事長が口座を管理していた建設会社が、ペーパーカンパニー2社に工事費の倍近い1億5500万円で建具や内装の工事を発注したとする虚偽の注文書を作成したが、実際は2社を通さず、建設会社が下請け業者に発注した。
水増しで補助対象の工事費は数千万円分増え、補助金も1千万円以上増えたとみられる。

前理事長は補助金対象以外の工事でも庭工事代金を増額させるなどし、私的に着服した工事代金は計約1億1千万円に上るという。

建設会社は16年、水増し分を不正に受け取ったとして、前理事長に返還などを求めて福岡地裁に提訴。地裁は昨年11月、請求の一部を認め、前理事長の親族に計約8630万円の支払いを命じた(親族側が控訴)。福祉会は「代理人を通じてコメントしたい」としている。

国交省は「訴訟は把握していない」とした上で「一般論として不正の疑いがある場合は、調査をして、確認できれば返還を求める」としている。 


社会福祉法人 二丈福祉会
福岡県糸島市二丈深江2291-1
理事長 小川宏恵
前理事長 小川精一



こりゃあ どえりゃあ膿がでるぞ

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/01/22

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |