FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2020.01.23 (Thu)

昔からの県民性だったのか

入所施設は今も昔も変わらず

コレ読んでみてくれ
神奈川県の障害者福祉が
昔から如何にどれほどレベルが低かったかわかるよ


ぜひ神奈川県知事にも読んでもらいたいわ
神奈川県では50年前から 重度の障害者は人間としての尊厳を軽んじられていたか


参議院議員木村英子オフィシャルサイト

参議院議員木村英子オフィシャルサイト

経歴
1965年 横浜市で生まれる 歩行器ごと玄関から落ちて障害をもつ
1972年 神奈川県立ゆうかり園に入所 施設に付属した養護学校に通う
1984年 神奈川県立平塚養護学校高等部卒業 地域で自立生活を始める
1994年 「自立ステーションつばさ」設立(東京都多摩市)


全文

相模原事件初公判にあたり
2020/01/08

令和2年1月8日
参議院議員 木村英子

 このような残虐な事件がいつか起こると私は思っていました。なぜなら、私の家族は障がいをもった私をどうやって育てたらいいかわからず、施設にあずけ、幼い私は社会とは切り離された世界の中で虐待が横行する日常を余儀なくされていたからです。

小学生の頃にいた施設では、トイレや食事など時間で決められており、機嫌が悪そうな職員にはトイレに連れて行って欲しいと言えず、機嫌の良い職員が通りかかるのを、我慢しながらじっと待ったりすることが何度もありました。また、消灯時間が来ても、私だけベッドに上げてもらえず、暗闇の中、冷たい床にうずくまって寝ることもありました。夜中に、トイレが我慢できず、職員を呼ぶと怒られることが怖くて、一人で廊下をはってトイレまで行こうとしましたが、結局間に合わず、おもらしをしてしまい、職員に折檻された上、「お仕置き」として狭い場所に閉じ込められたことがあります。職員の言うことを聞かなければ、常にお仕置きが待っていました。

施設では、私に与えられた空間はベッド一つだけ。決められた時間に、食事、トイレ、入浴をし、外出することも許されず、好きなものも食べられず、会いたい人に会えない、そんな自由のない権利が奪われている生活が障がい者にとってあたりまえの現実の中で、施設生活が長ければ長いほど、絶望に打ちひしがれ、心が死んでしまうほど劣悪な環境でした。

そんな環境で、職員は少ない人数で何人もの障がい者の介助をベルトコンベアーのように時間内にこなし、過重労働を強いられます。

そのような環境の中で、障がい者は、絶望し、希望を失い、顔つきも変わっていく。その障がい者を介助をしている職員自体も希望を失い、人間性を失っていき、目の前にいる障がい者を、人として見なくなり、虐待の連鎖を繰り返してしまう構造になっていきます。

もちろん良い施設もあると思いますし、優しい職員もいると思います。やまゆり園がどのような施設かは、私にはわかりませんが、少なくとも私がいたいくつかの施設経験では、絶対に戻りたくないと感じるほどひどい場所でしかありません。

このような環境では、何もできないで人間として生きている価値があるんだろうかと思ってしまう植松被告のような職員が出てきてもおかしくないと思います。

今の状況では、施設がないと本当に困る家族がたくさんいます。

日常的に介護をし続けていく家族は疲弊し、そのことで家族の崩壊を招き、結果的に施設に預けるしか選択肢がありません。

障がいのある子どもが普通学校に行きやすいような受け入れ体制が整っていたり、通学や通勤に家族以外の介助者をつけられる制度が充実していたり、さまざまな社会参加が、家族だけではなく、他人の介助者によって可能になれば、障がい者の生活の幅も広がるし、家族だけが面倒を見なければいけないという重圧から家族も開放されるはずです。
 
障がい者を抱える家族の介助を地域に開放するために、国が率先して支援することによって、施設ではない選択肢を家族が持てる。そんな社会構造の変化が必要です。
 
私が重度訪問介護で議員活動中の介助サービスが公費で受けられないという問題を訴えましたが、この制度ひとつとっても、あまりにも外出の制限が多いし、就労中も就学中も利用が認められていません。地域に出にくいということは、世の中の人が障がいのある人を知る機会が少ないということです。介助が必要であっても、介助をつけたまま、小さい時から普通学校に通えたり、習い事を自由に受けたりして、社会の中で共に暮らすことができたら、自然にお互いを知って支え合うことができると思います。

幼いときから障がい者と健常者が分けられずに育つ環境が整っていたら、支え合うコミュニケーションが生まれ、差別や偏見を生み出さない社会が作られると思います。

そして、「障がい者は、生きていても意味がない」という考え方をもつ人はいなくなるのではないでしょうか。
障がい者が生きやすい社会は、誰もが生きやすい社会になると信じて、これからも取り組んでいきます。





Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |