FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2020.01.31 (Fri)

熊本県こども総合療育センターでワイセツ事件

解職
かいしょく
解任 免職
その職を辞めさせること



女児に強制わいせつ 非常勤職員を解職

熊本県の児童福祉施設に勤務する男が女子児童にわいせつな行為をしたとして逮捕されたことを受け県は、この職員を解職の処分としました。

解職の処分を受けたのは、県が所管する児童福祉施設で働く下田樹京容疑者(26)。
下田容疑者は今月、入所児童の食事や入浴の介助を担当していた宇城市の県こども総合療育センターで、障害がある女子児童の下半身を触るなどした疑いで逮捕された。

県は下田容疑者が容疑を認めたため30日付けで解職とし上司の施設職員など4人に対しても文書または口頭で訓告の処分とした。

下田容疑者は、「後悔の気持ちでいっぱいです。罪をつぐないたい」と話しているという。


熊本県こども総合療育センター
熊本県宇城市松橋町豊福2900



県非常勤職員逮捕

勤務先の児童福祉施設で入所する小学生の女児の体を触ったとして、熊本県警は21日、強制わいせつの疑いで、県非常勤職員の専門学校生、下田樹京容疑者(26)=熊本市南区=を逮捕した。容疑を認めているという。

逮捕容疑は昨年12月~今月初めごろ、入所児童の食事や入浴の介助を担当していた宇城市の県こども総合療育センターで、女児の下半身を触るなどしたとしている。

県によると、センターは障害のある子どもが入所し、容疑者は昨年4月から勤務。今月上旬、女児の様子が普段と違うことに職員が気付き、事情を尋ねて発覚した。今のところ他の児童に被害は確認されていないが、今後児童相談所が聞き取りを進める。

センターの池辺顕嗣朗所長は記者会見して謝罪し「家族や県民の信頼を裏切って申し訳ない。再発防止策を早急にまとめたい」と話した。




障害児にわいせつ容疑 施設職員を逮捕

熊本県立の障害児福祉施設「こども総合療育センター」(同県宇城市)で女児の体を触ったとして、県警捜査1課などは21日、強制わいせつ容疑で施設の非常勤職員下田樹京容疑者(26)=熊本市南区城南町東阿高=を逮捕した。容疑を認めているという。

逮捕容疑は、昨年12月ごろから今年1月初旬ごろまでの間、入所する小学校高学年の女児の体を触るなどした疑い。

施設などによると、下田容疑者は昨年4月から入所児童の食事や入浴の介助に従事。今年1月上旬、女児と別の児童の会話を職員が聞き付け、下田容疑者のわいせつ行為の疑いが浮上。施設の聞き取りで一部を認めた。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/01/31

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |