FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2020.02.01 (Sat)

近頃の札幌市は ⇒ 本気の摘発

ここ数年 札幌市の不正受給云々
半端じゃねぇな




特定非営利活動法人ひだまり 北海道札幌市南区澄川4条2丁目9番7号 シャルム澄川106号
2016年10月5日現在 代表者 川村修司



札幌市のグループホームが給付金8500万円を不正受給 事業者指定取り消し

札幌で、障害者のグループホームを運営する事業者が、およそ8500万円の給付金を不正に受け取ったとして、札幌市から事業者の指定を取り消す行政処分を受けた。

行政処分を受けたのは、札幌で障害者のグループホームを運営する「ひだまり」。

札幌市によると、「ひだまり」は雇用証明書を偽造して、従業員の数を水増しして申請し、2014年12月から去年の5月まで、札幌市から給付金合わせて8460万円を不正に受け取っていた。

札幌市は、事業者の指定を取り消す行政処分を出したうえで、不正に受け取った給付金に罰金を上乗せした1億1840万円を返還するよう求める。

そやけど この法人 ぜぇーんぜん情報がないわ

https://www.npo-homepage.go.jp/npoportal/detail/101000434

以前は これまでは 大阪市の不正受給が多かったけれどな
札幌市の社会福祉は
大丈夫でっか?

指定取消し及び指定の効力の停止

札幌市では、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)、児童福祉法及び札幌市移動支援事業事業者登録要綱の規定により、下記の指定障害福祉サービス事業者等の指定取消し等を行いましたので、お知らせします。

1 対象事業者等
(1) 運営法人
法人名
特定非営利活動法人 ひだまり
代表者名
代表理事 川村修司
所在地
札幌市南区澄川4条2丁目9番7号 シャルム澄川106号 (※退去済)

(2) 事業所
事業所名
グループホーム ひだまり
共同生活援助(外部サービス利用型)(平成18年10月1日指定)
所在地
札幌市白石区本郷通13丁目南1番7号 プラザ館B棟102号 (※退去済)

2 行政処分の内容
指定障害福祉サービス事業者の指定取消し(令和2年1月31日)

3 行政処分の理由
(1) 不正の手段により、指定障害福祉サービス事業者が、指定更新を受けたため。(障害者総合支援法第50条第1項第8号に該当するため)
 人員基準上、事業所に配置しなければならない世話人について、実際には、配置していないにもかかわらず、雇用証明書を偽造して、あたかも世話人がいるように装い、不正の手段によって、繰り返し指定更新を受けた。
(2) 指定障害福祉サービス事業者が、従業者について、人員基準を満たすことができなくなったため。(障害者総合支援法第50条第1項第3号に該当するため)
 不正の手段により指定更新を受けた平成24年10月1日の指定更新以降から現在に至るまで、人員基準違反との認識がありながら、事業者が雇用した世話人を故意に共同生活住居に配置しない状態を長期間に渡って継続してきた。
 また、処分日現在、事業者の従業員は不在であり、事業の継続が不可能な状態である。
(3) 訓練等給付費の請求に関し不正があったため。(障害者総合支援法第50条第1項第5号に該当するため)
 世話人を事業所に配置しておらず、世話人による利用者への支援を行っていないため、訓練等給付費を算定できないにもかかわらず、あたかも世話人を配置しているかのように書面上、粉飾し、本来算定できない訓練等給付費を請求し、受領した。
 また、事業者は、前述のとおり、不正の手段によって、指定更新を受けており、本来請求することのできない給付を受けていたことから、これらは全て不正請求となる。
(4) 指定障害福祉サービス事業者が、市の監査において、帳簿書類その他の物件の提出を命ぜられてこれに従わず、虚偽の報告をしたため。(障害者総合支援法第50条第1項第6号に該当するため)
 監査において、帳簿書類の提示を求めたところ、事業者が書類の保管場所を説明せず、提示しようとしなかった。
 また、事業者が、帳簿書類の一部について職員に廃棄するよう指示した。
(5) 指定障害福祉サービス事業者が、市の監査において、市の質問に対して虚偽の答弁をしたため。(障害者総合支援法第50条第1項第7号に該当するため)
 監査の聞取調査において、事業者が「ある世話人は、当該事業者で働いていたことがある」と、事実に反する答弁をした。

4 経済上の措置
不正に請求して受領していた訓練等給付費を返還させるほか、障害者総合支援法第8条第2項の規定により、当該返還金額に100分の40を乗じて得た加算額を請求する。
 返還金額 約1億1,840万円(不正請求額 約8,460万円、加算額 約3,380万円)

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/02/02

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |