FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2020.02.12 (Wed)

大阪のゆりかご第2保育園で園児が食べ物詰まらせ死亡

社会福祉法人 ゆりかご会
大阪府大阪市城東区鴫野東3-17-9

ゆりかご第2保育園
大阪市城東区新喜多東1-1-7
園長 藤田敦子

保育園で園児が食べ物詰まらせ死亡

12日午前11時40分ごろ、大阪市城東区新喜多東の「ゆりかご第2保育園」で、職員から「園児が何かをのどに詰まらせた」と119番があった。大阪府警城東署によると、同園で昼食中だった男児(1)が食べ物をのどに詰まらせ、病院に搬送されたが間もなく死亡した。

同署によると、男児は0~1歳の別の園児8人と一緒に、園で出されたリンゴやパンなどを室内で食べていたという。当時職員3人が園児らの様子を見ており、そのうちの1人が男児の異変に気が付いて背中をたたくなどしたが意識が戻らなかったという。
同署が業務上過失致死容疑を視野に詳しい状況を調べている。


1歳男児、保育園で死亡 のどに食べ物を詰まらせたか

12日午前11時40分ごろ、大阪市城東区の認可保育園で、「男児が何かをのどに詰まらせた」と職員から119番通報があった。昼食中に、1歳2カ月の男児が食べ物をのどに詰まらせたとみられ、男児は搬送先の病院でまもなく死亡した。府警が当時の状況を調べている。

城東署によると、午前11時ごろから、男児を含め0~1歳児の9人が同じ教室で昼食を取り始め、職員3人で見ていた。刻まれたりんごや、パン、トウモロコシ、ハンバーグなどのメニューだった。午前11時半すぎに男児の異変に気づいた職員が背中をたたいて救命措置を取ったが、意識がなくなり、搬送時は心肺停止の状態だったという。

大阪市保育施策部によると、園側は男児の保護者から、食べ物のアレルギーはないと聞いていたという。市の担当者は「原因をしっかり調査する」と話した。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/02/12

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |