FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2020.02.19 (Wed)

そもそも業務委託することか

また
児童相談所
ひどすぎる

NPO法人に委託してた って言い訳はきかない

見た目が大人っぽかったので緊急性を感じなかった


神戸市の児童相談所、小6女児を未明に追い返す

神戸市の「こども家庭センター」(児童相談所)で、今月10日午前3時ごろに、インターホンごしに「家を追い出された」と助けを求めにきた小学6年の女児に対し、夜間の窓口業務を委託されているNPO法人の職員が「警察に行くように」と告げ、追い返していたことが18日、市関係者らへの取材で明らかになった。

この対応が、「来訪者があれば、速やかに市職員に報告する」というマニュアルに違反してることから、同市は「子供が助けを求めたのに対応が不適切だった。NPO法人に指導している」としている。

女児はその後、近くの交番で保護され、兵庫県警からの連絡でセンターが一時保護した。男性職員は市の調査に対し「緊急性を感じなかった」と釈明しているという。

ツイッターには「午前3時に子供が来て、緊急性が無いと思う方がどうかしてるだろ」「なんの為にあるの?児童相談所って…」「児童相談所じゃなくても保護やろ」などの書き込みが並ぶ。


夜 深夜に仕事したくないから か?神戸市さん
ま 他の自治体も外部に委託してるところ多いだろうけれど
神戸市さん
アンタんとこ 不祥事が多いわ
今回の事故事件で またこの業務委託するようじゃ信用信頼 失いまっせ

NPO法人「社会還元センターグループわ」の男性職員はインターホンの画面だけを見て「警察に相談するように」と告げて追い返した。女児は約15分後に近くの交番を訪れ、警察から「児童虐待がある」と連絡を受けたセンターが午前5時半ごろに改めて保護した。


2月10日午前3時ごろ

家を追い出された」と助けを求めにきた小学6年の女児

NPO法人社会還元センターグループわ の男性職員

警察に相談しなさい

児童相談所が女児を門前払い 窓口職員 ⇒ 警察に相談してくれ

市によると、女児は10日午前3時ごろ、神戸市中央区の同センターを1人で訪れ、インターホンを押した。夜間や休日の窓口業務を委託されているNPO法人職員が、インターホン越しに「警察に相談して」と告げ、中に入れなかった。女児は近くの交番を訪れ、連絡を受けた同センターが30分後に改めて保護した。

マニュアルでは来所者がいた場合、NPO法人から速やかに市の係長に報告すると規定しており、市はマニュアル違反に当たると判断している。この職員は「女児の見た目や言動から緊急性がないと思った」と説明しているという。


こりゃあ神戸市の職員には落ち度がないかもしれんが
委託したのは神戸市だからな

神戸市中央区東川崎町1の市こども家庭センター(児童相談所)で当直業務を請け負うNPO法人の男性職員が、真夜中に助けを求めて訪れた小学6年の女児に対して「警察に相談しなさい」と伝えて追い返していた。

センターが夜間・休日の対応を委託しているNPO法人「社会還元センターグループわ」(同市北区)の男性職員。

女児は10日午前3時すぎ、一人で同センターを訪れた。インターホンを押して「家庭でもめ事があり、親から家を追い出された」と説明したが、男性職員は画面越しに「警察に相談しなさい」と対応。女児は約30分後、生田署の交番を訪れて保護された。

センターのマニュアルでは、夜間や休日に来庁者や通報があった場合、当番の職員はセンターの係長に報告して対応することになっていたが、男性は生田署から連絡があるまで係長への報告を怠っていた。女児はその後一時保護され、センターは今回のケースを虐待と判断した。

センターの聞き取りに対し、男性職員は「インターホン越しで比較的年齢が高いように見えた。発言からも緊急性が感じられなかった」などと説明したという。センターは「不適切な対応だった」と謝罪。男性を指導した上、同法人に対しても、マニュアルに沿った対応の徹底を要請したという。


来年 神戸市長選挙があるんだけど もうエエかげんトップ代えなけりゃならん
頼りない市長や

NPO法人によると、男性職員は「担当職員に連絡することになっていたが、失敗してしまった」と説明している。
大槻隆文理事長は「申し訳ない。再発防止を徹底する」と話した。


学校を卒業して
これまで税金で飯を食ってきた人はアカン
チカラが乏しい

神戸市が夜間・休日の対応を委託しているNPO法人社会還元センターグループわ(同市北区)は、シルバーカレッジの卒業生らで結成。男性職員は5年ほど前からセンターでの業務に従事する。


じゃあアレか
この男性職員はお爺ちゃんだったの
オマエさんにも孫おるやろ



3月6日
神戸市の児童相談所 過去にも夜間に訪問の高校生を追い返していた
市が対応を見直し

神戸市が過去の対応を確認したところ、おととし4月にも、「家を出るよう言われた」と夜間に相談にきた高校生を「翌日に相談してほしい」と追い返していたことが分かった。

対応した職員は「18歳以上に見えた」と話していて、高校生はその夜、公園で過ごした。
神戸市によると、生徒は午後11時ごろ、センターを訪れてインターホンを押し「親に家を出て行くよう言われて相談に来た」と訴え、担当ケースワーカーの名前も伝えた。しかし、当直だった別のNPO職員が「あしたの朝、電話して」と告げ、中に入れなかった。生徒は公園で一夜を明かし、翌朝に「家に帰る仲立ちをしてほしい」と改めてセンターを訪れたため、保護者に連絡したという。


市は福祉の専門家などから意見を聞き、夜間や休日の対応を見直す方針

こども家庭センターにおける夜間休日対応のあり方検討会議の開催 2020年3月2日

こども家庭局こども育成部家庭支援課

1.趣旨
令和2年2月10日未明、市こども家庭センター夜間業務における不適切な対応により、市民をはじめ多くの関係者の皆さまにご不安とご心配をおかけする事態となっています。
こども家庭局では、子どもたちを守ることを使命とするこども家庭センターの運営において、二度とこのような事態が起こらないよう、速やかに再発防止に向けた対応策について検討するため、下記のとおり、有識者にご協力いただき、みだしの検討会議を開催します。

2.第1回会議
日時:令和2年3月6日(金曜)午後7時~
場所:神戸市役所1号館7階こども家庭局大会議室
議題:こども家庭センターの夜間・休日における来所者対応の現状分析・検証について

3.委員
氏名 役職等
岩佐嘉彦  弁護士いぶき法律事務所
川島惠美  関西学院大学人間福祉学部准教授(実践教育支援室長)
津崎哲郎  認定NPO法人児童虐待防止協会理事長(元大阪市児童相談所長)
八乙女悦範  こども家庭局こども育成部長
吉井良英  こども家庭局こども育成部家庭支援課長
大野浩  こども家庭局こども家庭センター所長
渋谷和宣  こども家庭局こども家庭センター副所長
角田弘樹  須磨区保健福祉部長

4.会議の公開の可否
この会議では、取扱う内容が個人情報に該当するものが含まれるため、非公開とします。
ただし、冒頭のみ公開いたします。
なお、会議開催後に議事の概要について報告する予定です。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/07

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |