FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2020.03.04 (Wed)

腐っていた?腐っているのは病院なのか従事者たちか




看護師の男ら6人逮捕 抵抗できない患者を監禁・放水

兵庫・神戸市の神出病院で、入院患者を監禁したりするなどした疑いで、看護師の男ら6人が逮捕された。
監禁と準強制わいせつなどの疑いで逮捕されたのは、神戸市の神出病院の元看護助手・和田元規容疑者(27)ら6人。

和田容疑者らは、入院していた男性患者3人に対して、男子トイレの中で椅子に座らせて放水をしたり、男性患者を病室の床に寝かせて、その上からベッドをかぶせて監禁した疑いが持たれている。

被害患者は、全員が重度の精神疾患を患い抵抗ができない状態で、6人は容疑を認めている。


神出病院




別の事件でスマホにあった『暴行動画』で発覚

神戸市の病院に勤務する看護師ら6人が、入院患者に対しホースで水をかけたり、わいせつな行為をしたりなどしていたとして逮捕された。

暴行や準強制わいせつなどの疑いで逮捕されたのは、神戸市西区にある「神出病院」の元看護助手・和田元規容疑者(27)と看護師の男ら、合わせて6人。

6人は2018年10月~2019年9月にかけて、入院していた男性患者(79)をトイレ内で裸にしてイスに座らせた上でホースで水をかけた他、別の男性患者2人の顔を無理やり近付けるなどした疑いがもたれている。

警察によると、被害にあった患者3人は統合失調症などで入院していて、いずれも抵抗できる状態ではなかったという。

2019年12月に神戸市内の路上で起きた女性への強制わいせつ事件で和田容疑者を逮捕。
和田容疑者のスマートフォンを調べたところ、暴行などをしている際の動画が見つかり、事件が発覚した。


6人は警察の調べに対し、容疑を認め、「患者のリアクションがおもしろかった」などと供述しているということです。警察は他にも余罪があるとみて調べています。


神出病院 佐伯正一事務部長
誠に申し訳ございませんでした。今後、二度とこのようなことが起きないように病院として全力を尽くす所存です。


腐った人間  腐った職場   クズ  腐ったリンゴがまだ残っているかも



逮捕されたのは
元看護助手、和田元規27歳
看護師、橋本涼平26歳
看護師、船引健志33歳
看護師、高橋斉史34歳
看護師、曽我部聡41歳
看護師、武田剛士33歳

和田、橋本、船引の3容疑者は2018年10月31日午前0時すぎ、病室内で入院中の当時59歳と62歳の男性2人にお互いにキスさせるわいせつ行為をさせた疑いがもたれている。2人は精神疾患で抵抗できない状態だったという。

また、和田、高橋、曽我部の3容疑者は昨年9月20日午後9時半ごろ、院内のトイレで、入院中の当時79歳の男性を椅子に座らせ、ホースやバケツで水を浴びせるなどの暴行を加えた疑いもある。

さらに和田、高橋、武田の3容疑者は同月25日午後8時過ぎにも、入院中の同63歳の男性を病室の床に寝かせ、落下防止柵が設置されたベッドを逆さまにして覆いかぶせ、約20分間監禁した疑いがもたれている。


逮捕容疑は2018年以降、当時62歳と59歳の男性患者同士の顔を近づけたほか、トイレで別の患者をいすに座らせて放水する暴行を加えたり、落下防止柵がついたベッドを逆さにして患者を閉じ込めたりした疑い。

患者同士の性的行為を強要か 病院での虐待動画、数十本

神戸市西区の精神科病院「神出(かんで)病院」で入院患者を虐待したとして、元看護助手1人と看護師5人が準強制わいせつ容疑などで逮捕された事件で、元看護助手らが男性患者に無理やり性的な行為をさせていた疑いがあることが、捜査関係者への取材でわかった。押収した元看護助手のスマートフォンにこの場面を撮影した動画を含め、患者を虐待したとみられる動画が数十本保存されていたという。

兵庫県警によると、昨年12月、別の強制わいせつ事件で逮捕された元看護助手の和田元規容疑者(27)のスマホに病院内での虐待とみられる動画があった。県警は動画をもとに、和田容疑者らが2018年10月~19年9月、入院患者同士でキスをさせたほか、トイレで水をかけたり、柵付きのベッドを覆いかぶせて閉じ込めたりしたとして、準強制わいせつや暴力行為等処罰法違反などの容疑で4日に逮捕した。被害にあったのは、当時50~70代の男性患者3人だった。

捜査関係者によると、動画は数十本保存されており、中には男性患者同士での性的な行為を無理やりさせる場面も映っていたという。県警は、この事案についても準強制わいせつ容疑を視野に調べる方針だ。和田容疑者らは、これらの動画を容疑者らの間で共有していたとみられるという。

事件を受け、神戸市は精神保健福祉法に基づき、同病院に6日に立ち入り検査に入ることを決めた。患者らから虐待について聞き取りを進めるという。


神戸・神出病院の患者虐待 幹部ら気づけず 病院院長が謝罪

入院患者を虐待したとして看護師ら6人が逮捕された神出病院(神戸市西区)は4日午後、佐伯正一事務部長が報道陣の取材に応じた。詳細が把握できていないため会見は開かないといい「今後二度とこのようなことが起きないよう全力を尽くす」などとする大沢次郎院長のコメントを出した。

佐伯事務部長によると、6人は仲が良く、勤務態度で問題は確認されなかったという。事件が繰り返された夜間勤務帯も人員は基準を満たしていたが、昨年12月に県警から連絡を受けるまで誰も虐待行為に気づけなかったとしている。

神出病院を管轄する神戸市保健所調整課は1月末に同病院から連絡を受けた。2月3日に病院幹部にヒアリングを実施したが、この時点でも病院幹部は全容を把握していなかった。

一方、昨年11月、看護師の配置や施設環境を確認した実地指導では、特に問題はなかった。同課は「病院側と日程を調整し、週内にも臨時の実地指導を行いたい」としている。

患者家族ら「許せない」
統合失調症や認知症などの患者を虐待したとして「神出病院」(神戸市西区)の看護師ら6人が4日、兵庫県警に逮捕された。精神科病院の医療関係者が患者を暴行する事件は全国で後を絶たないが、6人が関与するケースは極めてまれ。医療現場や患者家族らにも動揺が広がっている。

県内では2018年、加東市の精神科病院の看護師が患者を平手打ちしていたことが発覚。全国でも15年に千葉市の精神科病院で、准看護師が患者の頭を蹴る事件があった。
ただ、こうしたケースの加害者は1、2人が大半で、今回のように6人もの逮捕者が出るのは異例だ。

「許せない」。事件に加古川市の女性(36)は怒りで語気を強めた。昨年亡くなった祖父は認知症のため、最期の2年間を神出病院に入院して過ごしたという。「祖父も被害にあっていたのかもしれないと思うと…」と涙ぐんだ。

精神科がある県内の病院関係者は「ありえない事件。人として信じられない行為」と驚く。勤務先では暴力防止のため研修を開いたり、学会に職員を派遣したりしている。ただ、そもそも取り組みの主眼は患者からの暴力をいかに防ぐかで「今回のような事件は想定していない」という。

神出病院の虐待はいずれも勤務人数が少ない夜間に起きた。県警は、閉鎖的な職場環境が虐待の温床になった可能性もあるとみて動機の解明を進める。


患者に床なめさせ、動画撮影 スマホに30本

精神疾患のある入院患者3人に虐待したとして、兵庫県警が神戸市西区にある「神出病院」の元看護助手、和田元規容疑者(27)ら6人を監禁容疑などで逮捕した事件があり、和田容疑者のスマートフォンに、患者に床をなめさせるなどの虐待を撮影した約30本の動画が残されていたことが、捜査関係者への取材でわかった。

和田容疑者は複数の看護師(26~41歳)と共謀し、2018年10月~19年9月に男性患者同士をキスさせていたほか、ホースで水をかけたり、逆さにした柵付きのベッドを覆いかぶせて監禁したりした疑いで、4日に逮捕された。

捜査関係者によると、逮捕容疑となった3件以外にも、男性患者同士に性的な行為をさせるなどした約30本の動画が保存されていた。スマホには他の容疑者らとラインで動画をやり取りする形跡が残っていたという。
神戸市は6日、精神保健福祉法に基づいて同病院に立ち入り調査をし、虐待の実態を聞き取る。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/06

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |