FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2020.03.11 (Wed)

アッパレじゃぁ*身内に甘くしない倉敷市

魔が差した
倉敷市介護保険課の27歳女性主事を懲戒免職処分 高額介護サービス費で150万円余りを横領

介護施設の利用などで自己負担が上限額を超えた分を払い戻す制度、高額介護サービス費を悪用し150万円余りを横領したとして倉敷市の27歳の女性主事が懲戒免職処分を受けた。

9日付で懲戒免職処分を受けたのは、倉敷市介護保険課の多賀美穂(27)主事。

倉敷市によると多賀主事は2019年4月から介護施設の利用などで自己負担の上限を超えた場合に申請者に差額を払い戻す、高額介護サービス費の業務を担当していた。
2019年8月から2020年1月にかけ、17人から払い戻しの申請があったように装い150万円余りを自身の口座に振り込ませ横領したという。

横領した金は生活費や趣味などに使われ、多賀主事は「魔がさした」と話しているということです。多賀主事は全額を弁済しましたが倉敷市は刑事告訴する方針。


倉敷市女性主事、横領で懲戒免職 

倉敷市は10日、介護サービス費のうち自己負担額が上限額を超えた分を利用者に払い戻す「高額介護サービス費」を横領したとして、市介護保険課の女性主事(27)を9日付で懲戒免職処分にしたと発表した。

市によると、主事は2019年8月~20年1月、高額介護サービス費の対象者17人の計46件、151万4958円を横領した。17人は既に亡くなっていたが、業務用端末を不正に操作し、相続人から同費の支給申請があったように見せかけ、自身の口座に振り込んでいた。

不正は2月上旬に課内のチェックで発覚し、主事が事実を認めた。横領した金は趣味の旅行やグッズ購入費などに使い、「魔が差した」「市民に申し訳ない」と話しているという。

横領した金は既に全額返済されているが、市は業務上横領容疑で刑事告訴する方針。伊東香織市長は「組織としてのチェック体制が不十分だった。不祥事を二度と起こさないよう、再発防止に取り組む」とコメントした。



倉敷市は職員の名前を公表した


当事者
所属名 保健福祉局健康福祉部 介護保険課
主事 多賀美穂 27歳
免職

処分年月日 令和2年3月9日

処分に至った事実の概要
当事者は,令和元年8月から令和2年1月にかけて,担当している介護保険の高額介護サービス費のうち,死亡者分17名分,のべ46件,合計金額1,514,958円について,業務端末を用いて口座登録情報を不正に操作することで,当該死亡者の相続人からサービス費の支給申請があったように装い,自身の口座にサービス費を振り込ませる処理を行いました。

当該職員の行為は,公務員としての自覚に欠けるとともに,市民の信頼を著しく損ない,市職員全体の職の信用を大きく失墜させる行為です。
このため,地方公務員法第29条第1項の規定に基づき懲戒処分を行ったものです。さらに,その上司5名について,当該職員の管理監督責任を問うたものです。




表情や態度から感じる
本当の謝罪だな 低くコウベを垂れているし


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/11

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

頭を下げれば許されるならひき逃げも頭を下げれば無罪だねw
名無しさん |  2020.03.14(土) 17:46 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |