FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2020.03.28 (Sat)

福岡市の介護事業所が立て続けに指定取消し



福岡市の介護事業所が不正受給 指定取消し

2600万円を超える介護保険料を不正に受け取ったとして福岡市の事業所が指定取消処分となった。

不正受給が発覚したのは福岡市南区の「デイサービス凛」。
福岡市によると2015年、介護サービス事業所としての指定を受けるため、職員数を水増しするなどうその書類を市に提出し、3年4カ月にわたり約2640万円を不正に受け取った。内部告発で発覚したという。

福岡市ではこのほか、3つの介護サービス事業所で介護保険料の不正受給が確認され、いずれも来月末までに指定が取り消されている。


株式会社プレシアス
代表者 村上哲也
福岡市南区老司2丁目27-17



処分の内容及び対象事業所
指定の取消し
デイサービス凛(南区老司二丁目27番17号)
※ 事業種別 ・・・ 地域密着型通所介護,第1号通所事業

不正事案の概要
平成28年度に地域密着型サービスへ移行する前の通所介護において,事業所開設時の指定申請の際,指定を受けるために必要な職員数を充足しているかのような虚偽の書類を提出し,指定を受け,運営を行った。

返還請求額
29,147,498円
※ 徴収金に100分の40を乗じて得た加算額を含む。



福岡市ではこのほか、3つの介護サービス事業所で介護保険料の不正受給が確認され、いずれも来月末までに指定が取り消されている。


株式会社やまつ (令和2年3月27日付け)
事業者の概要
代表者名(事業所を管理する者):松本 剛
法人所在地:福岡市早良区南庄五丁目4番32-304号

処分の内容及び対象事業所
指定の取消し
訪問介護事業所うららか(早良区次郎丸六丁目11番22-107号)
※ 事業種別 ・・・ 訪問介護,第1号訪問事業
※ 障がい福祉サービス等の「居宅介護サービスうららか」が併設(別途処分あり)

不正事案の概要
サービスを提供していないにもかかわらず,虚偽の記録を作成して介護給付費を請求,受領し,また提供したサービスの時間を水増しして介護給付費を請求,受領した。

返還請求額
248,557,円
※ 徴収金に100分の40を乗じて得た加算額を含む。
株式会社ホワイトストーンズ (令和2年3月27日付け)
事業者の概要
代表者名:白石浩二
役員(事業所を管理する者):白石めぐみ
法人所在地:福岡市西区福重三丁目9番12-201号

処分の内容及び対象事業所
指定の取消し
ケアプランはなよし(西区福重三丁目9番12-201号)
※ 事業種別 ・・・ 居宅介護支援

不正事案の概要
ケアマネジメントに必要な記録を作成していないなど適切な運営がなされていなかったにもかかわらず,請求にあたって減算せずに満額の介護給付費等を請求,受領し,また,特定事業所加算の要件を満たしていないまま,加算金を請求,受領した。 
※不正請求のほか,従業者(介護支援専門員)がそれぞれの自宅を本拠に業務を行っていた。

返還請求額
9,298,568円
※ 徴収金に100分の40を乗じて得た加算額を含む。
株式会社メディカルチーム・ジャパン (令和2年3月27日付け)
事業者の概要
代表者名(事業所を管理する者):石川哲也
法人所在地:現住所地に運営実態なし

処分の内容及び対象事業所
指定の取消し
メディカルチーム・ジャパン ヘルパーステーション(現住所地に運営実態なし)
※ 事業種別 ・・・ 訪問介護,第1号訪問事業

不正事案の概要
必要な職員数を満たさない状態で運営を行い,また,介護職員処遇改善加算の実績報告に際し,虚偽の内容を記載する等し,請求が正当であったかのような報告を行った。

返還請求額
7,149,662円
※ 徴収金に100分の40を乗じて得た加算額を含む。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/28

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |