FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2020.04.09 (Thu)

松江市の特別養護老人ホームわこう荘で

特養で
女性の部屋からたたく音が ⇒ ICレコーダーを設置したら・・・

職員が入所者に暴言を繰り返し、ひじ打ちなどの暴力を加える虐待を行っていたとして、松江市は8日、同市東出雲町下意東の地域密着型特別養護老人ホーム「わこう荘」に対し、同日付で5月1日から3か月間、新規利用者の受け入れ停止と介護報酬の請求上限を7割とする行政処分を行った。

発表では、介護福祉士の資格を持つ30歳代の男性職員が昨年夏頃~12月下旬、入所者の70歳代の女性に「ばか」「殺すぞ」などと暴言を浴びせ、顔にひじ打ちをした。70歳代の男性にも同様に暴言を繰り返した。

同僚職員から「部屋からたたく音がする」と報告を受け、施設は12月21日夜に女性の部屋にICレコーダーを設置するなどして虐待を確認。男性職員は今年2月6日付で懲戒解雇され、市の聞き取りに「夜勤が続いてイライラしていた」と話したという。

市への通報は12月26日。虐待内容や速やかな報告を怠った責任は重いとして、市は施設の指定を取り消しも検討したが、他の入所者に配慮した。
施設を運営する社会福祉法人若幸会の理事長を務める自民党島根県議連の加藤勇県議(松江選挙区)は、読売新聞の取材に「利用者にご迷惑をおかけして非常に申し訳ない。再発防止策を考えることが自分の責任。職員の教育を徹底したい」と話した。


2019年12月、30代の男性介護福祉士が70代の女性入所者に くせえ 殺すぞ ばか などの暴言
顔を肘で打つなどの暴力行為




入所者に虐待で特養ホーム処分 

職員による暴言や暴力などの虐待があったとして、松江市は8日付で同市東出雲町下意東の特別養護老人ホーム「わこう荘」に対し、入所者の新規受け入れを5月1日から3カ月間停止させる処分をした。


社会福祉法人若幸会
理事長 加藤 勇
島根県松江市東出雲町下意東3148番地1

松江市の特別養護老人ホームで、30代の男性職員が利用者への暴力や暴言を繰り返していたとして、松江市は、この施設に対し、来月から3か月間、新たな利用者の受け入れを停止する行政処分を決めた。

行政処分を受けたのは、松江市東出雲町にある特別養護老人ホーム「わこう荘」。

松江市によると、この施設では去年、30代の男性職員が虐待を行っているのではないかという指摘がほかの職員からあり、12月下旬に市に通報したという。
通報を受けて松江市が調査した結果、この男性職員は、去年夏ごろから12月下旬にかけて、利用者の顔を肘で打つなどの暴力行為を行ったり、「殺すぞ」などといった暴言を返したりしていたことがわかった。

このため、松江市では施設に対して、来月から3か月間、
▼新たな利用者の受け入れを停止する
▼施設に支払う介護報酬を3割削減する行政処分を出した。

この男性職員は、ことし2月に解雇されていて、市の調査に対し、「夜勤が続いてイライラしていた」などと、暴力や暴言を認めている。

松江市介護保険課の山崎文子課長は「悪質な行為で、本来はすべての業務停止がふさわしいが、現在入所している方たちの負担なども考慮し、一部停止の処分とした」と述べた。
施設の運営を行う社会福祉法人は、「職員が利用者の人権を尊重しない対応をしたことは大変申し訳ない。また、内部調査に時間がかかり、市への通報が遅くなったことを反省している」と話しています。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/04/09

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |