FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2020.06.04 (Thu)

まだこんな輩がおるんだな

老人ホームで
利用者のカードを使って現金を不正に引き出した 元施設長の男逮捕

名古屋市南区の老人ホームの元施設長の男が、利用者の女性のキャッシュカードを不正に使い現金5万円を引き出して盗んだとして逮捕された。

逮捕されたのは名古屋市北区の介護士、山口吉信容疑者(52)。
山口容疑者は2018年4月から6月までの間に、93歳の女性のキャッシュカードを不正に使い、3回にわたって現金あわせて5万円を引き出し盗んだ。

警察によると犯行当時山口容疑者は、この女性が利用していた老人ホームの施設長を務めていて、利用者のキャッシュカードを管理していたという。

調べに対し山口容疑者は「自分がやったことに間違いないが一部は覚えていない」と話していて、警察は施設長の立場を利用して犯行に及んでとみて余罪についても調べています。

管理していた老人ホームの利用者のキャッシュカードを使って現金を不正に引き出したとして、名古屋・中村署は2日、窃盗の疑いで、名古屋市北区福徳町6、介護士山口吉信容疑者(52)を逮捕した。

逮捕容疑では、2018年4〜6月、同市南区の住宅型有料老人ホームを利用する女性(93)のキャッシュカードを使い、同区の現金自動預払機(ATM)で3回にわたり、計5万円を不正に引き出したとされる。調べに、「自分がやったことで間違いないが、一部覚えがない」と供述しているという。

署によると、山口容疑者は17年4月〜18年2月、女性の利用する老人ホームで施設長を務め、女性のキャッシュカードを管理していた。現在は別の有料老人施設に勤務している。
南区の老人ホームの別の職員が署に相談して分かった

施設長を務めていた老人ホームの利用者のキャッシュカードを使って現金を不正に引き出したとして、介護士山口吉信容疑者(52)=名古屋市北区福徳町六=が窃盗の疑いで逮捕された事件で、被害女性(93)の口座から、少なくとも二百万円を引き出したとみられることが、関係者への取材で分かった。

不正に入手した利用者のキャッシュカードを使い、現金5万円を引き出して盗んだとして、名古屋市の老人ホームの元施設長の男が逮捕された。女性の口座からは200万円以上が不正に引き出されていた。

警察によると、窃盗の疑いで逮捕された南区の老人ホームの元施設長・山口吉信容疑者(52)はおととし、不正に入手した利用者の女性(93)のキャッシュカードを使い、現金5万円を引き出して盗んだ疑いがもたれ、調べに対し、容疑をおおむね認めている。

事件当時、山口容疑者は老人ホームの施設長で、利用者である女性のキャッシュカードを保管できる立場にあった。

関係者によると、山口容疑者は3年前から半年以上、女性のキャッシュカードを所持していたが、突然、音信不通になり、施設側が口座を確認したところ、200万円を超える現金が引き出され、警察が関連を調べている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/06/04

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |