FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.08.21 (Tue)

福祉法人が提訴取り下げ、元事務局長遺族に対して

米沢市の社会福祉法人「米沢栄光の里」(吉田一明理事長)で、5月に自殺した元事務局長が4000万円を横領したとされる問題に絡み、元事務局長の妻と3人の子供が遺産を相続放棄していたことが20日、関係者の話で分かった。妻らは負債も相続しないことになるため、同法人は、4人を相手取って山形地裁米沢支部に起こした損害賠償請求訴訟を取り下げた。

同法人が「内部調査で横領が判明した」と発表した4000万円に比べ、元事務局長の残した財産が少なかったことが理由とみられる。訴訟の第1回口頭弁論は21日に予定されていたが、法人側の取り下げを受け、裁判が行われないことが今月15日に確定した。

法人側は、別の親族を相手取った訴訟を検討するというが、代理人の伊藤三之弁護士は「他の親族も相続放棄する可能性が高い」としている。今後、元事務局長の相続財産管理人が選任され、債務の清算が行われる見通しだが、法人が回収できる額は4000万円を大幅に下回りそうだ。

法人側は「施設運営に直ちに影響は出ることはない」と強調している。


同法人は05年にも横領事件が起きていた。

同法人によると、男性幹部職員は03年から法人事務局長や施設長などを務めた。

法人経理を一手にしていた07年10月に県民らの寄付などを入れた口座の1340万円を解約したほか、5運営口座から15回にわたり1100万円以上を払い出した。「米沢栄光の里診療所」の改築資金口座から補填(ほてん)するなど経理操作し、財務報告書などを偽造していた。10年度決算書類に不備があり同幹部を経理から外して、初めて公認会計士や弁護士を入れて分析して判明した。金を何に使ったかは不明という。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/01/24

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |