FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.07.14 (Sat)

無資格者がケアプラン作成、指定取り消し- 和歌山のケアマネ事業所が不正請求

介護支援専門員の資格を持たない職員がケアプランを作成し、介護報酬を不正に請求したなどとして、和歌山県はこのほど、医療法人恒裕会(かつらぎ町)が運営する居宅介護支援事業所吉田クリニック(同)について、介護保険法に基づき指定を取り消した。県が確認した不正請求額は約609万円。

県によると、同事業所は2007年5月から12年3月までの間、▽実際にはケアプランを作成していない▽介護支援専門員の資格を持たない職員がケアプランを作成した―にもかかわらず、介護支援専門員がケアプランを作成したと偽って、介護報酬を不正に請求した。また、県が5月に監査に入った際には、同事業所の役員が虚偽の書類提出や説明をしたという。

不正請求額に4割の加算金を加えた返還金額は約853万円で、今後は、かつらぎ町など2保険者が返還を求める。

同法人が運営する系列の通所リハビリテーションなどの事業所は、処分の対象外だった。


和歌山県は、7月12日、医療法人恒裕会が運営する居宅介護支援事業所「吉田クリニック」の指定を7月11日付で取り消すと発表した。

県長寿社会課によると、同事業所は、2007年5月から12年3月までの間、資格を持たない職員が作成したにもかかわらず、介護支援専門員がケアプランを作成したと偽って介護報酬を514月分にわたり、不正に請求していた。また、実際にはケアプランを作成していないケアプランを78月分にわたり、不正に受給していた。さらに、県が監査に入った際には、同事業所の役員が虚偽の書類提出や説明をしたという。

不正請求額は約609万円で、40%の加算請求をした場合、返還金は約853万円となる。

【事業所概要】
■事業者名:医療法人恒裕会
■事業者所在地:和歌山県伊都郡かつらぎ町妙寺439−92
■事業所名:吉田クリニック
■事業所所在地:同上
■サービス種別:居宅介護支援事業(1999年8月10日指定)
■指定取り消し年月日:2012年7月11日

【指定取り消しの理由】
(1)介護支援専門員の資格を有しない者がケアプランを作成していたにもかかわらず、介護支援専門員が作成したものとして、居宅介護サービス計画費を不正に請求し、受領した(514月分)。
(2) 実際にはケアプランを作成していないにもかかわらず、居宅介護サービス計画費を不正に請求し、受領した(78月分)。
(3)介護保険法に定める帳簿書類の提出において、役員が虚偽の報告を行った。
(4) 介護保険法に定める質問又は検査において、役員が虚偽の答弁を行った。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/07/05

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |