FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.06.23 (Sat)

介護指定 県が初の取り消しへ 秋田

虚偽の訪問介護サービスの記録を作り、介護報酬を不正に受給していたとして、県が今月8日、大仙市高梨の訪問介護事業所「いきいきケアセンター」に対し、介護保険法に基づき、7月10日付で訪問介護事業所の指定を取り消すと通知していたことが22日、わかった。介護事業所の指定取り消しは、2000年の介護保険制度の開始以来、県内で初めて。

県によると、県が「不正がある」との情報を基に、1月にセンターのタイムカードや介護記録を調べたところ、介護員が勤務時間外に訪問介護をしたり、1人の介護員が同じ時間に複数の人を訪問看護したりしていた。介護の内容や相手を記す「訪問介護計画書」も作っていなかった。

同センターを運営する「サイトー商会」(大仙市戸地谷)の斎藤一社長は、県に「ミスだった」としたが、職員が不正を認めるなどした。県が3月まで監査を行い、故意の不正受給と判断した。

同センターは、同社が運営する有料老人ホーム「水里」内にあり、介護員26人(今年1月時点)の訪問介護サービスは、ほとんど同ホームの入所者27人(同)が対象だった。

介護報酬を支払った大曲仙北広域市町村圏組合(管理者・栗林次美大仙市長)は、過去2年の過剰給付金額を調査し、同社に返還請求する方針という。

県健康福祉部の小野昌樹次長は、不正の件数や受給額について、「現時点で出す必要性を感じない」として明らかにしなかった。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:-0001/11/30

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |