FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.02.02 (Thu)

京都の病院が保険医療機関の指定取り消し- 不正請求は億単位か 医療法人回生会第二京都回生病院

京都府向日市にある医療法人回生会第二京都回生病院(一般、療養病床210床)が、近畿厚生局京都事務所から保険医療機関の指定取り消し処分を受けていたことが分かった。

診療報酬上の施設基準を満たせなかったためで、処分は1月30日付。監査で判明している水増し請求額は約1124万円だが、同事務所では、「最終的に億単位に上る」とみている。同病院は救急病院に指定されているため、府や市、そして病院側は、新たな法人を設立し、そこに経営を委譲する方向で調整している。

近畿厚生局京都事務所によると、第二京都回生病院は2008年6月から10年9月までの間、障害者病棟の入院基本料に関して虚偽の届け出を2回行ったほか、一般病棟や療養病棟の入院基本料についても必要な届け出を行わず、診療報酬を不正に受け取っていた。いずれも、看護職員一人当たりの月平均夜勤を72時間以内とする算定要件を満たしていなかった。指定取り消し期間は5月1日から5年間。

同病院の担当者はキャリアブレインの取材に対し、「平均夜勤72時間以内の要件が入る前は、看護職員や患者の数で加算が付いていた。その感覚が抜けていなかった」と話している。病院の職員や患者については、新法人が引き継ぐ見通しという。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:-0001/11/30

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |