FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2004.08.06 (Fri)

アカス紙器 元社長に一五〇〇万円の損害賠償を認めた一審・水戸地裁判決を支持し、控訴を棄却

東京高裁は、水戸市の段ボール加工会社の元社長(五七歳)から性的暴行などの虐待を受けたとして、知的障害のある元従業員の女性ら三人が損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、元社長側は「女性らの主張はでっち上げで、支援者らがつくった虚構」として暴行を否定したが、「性的暴行はしていないとする元社長の主張は採用できない」として虐待の事実を認め、元社長に一五〇〇万円の損害賠償を認めた一審・水戸地裁判決を支持し、控訴を棄却した。

被害を訴えた原告側の主張については「原告らの証言は、核心部分は一貫して変化がなく、信用するに足りる」「相手が抵抗できないと考え、優越的な立場を利用した」として、性的暴行を含む虐待を複数回働いたと認定した。原告の一人は「裁判は長かったけれど、皆さんに支えられてやってこられた。赤須に勝ててうれしい」と語った。

元社長は、障害者雇用に絡んで国から不正に助成金を受け取り、知的障害のある従業員を暴行したなどとして有罪判決を受けたが、性的暴行については、被害日時が特定できないなどして、水戸地検が不起訴処分にした。八月六日、元社長側が上告を断念したため、原告側全面勝訴の判決が確定した。裁判は八年間にわたり続けられた。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2014/08/15

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |