FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2004.04.07 (Wed)

サン・グループの虐待、損害賠償訴訟

厚生労働省(滋賀労働局監督課)は、滋賀県五個町の肩パット製造会社サン・グループで働いていた知的障害者らが元社長から虐待を受けたなどとして損害賠償を訴訟で、大津地裁で監督責任を問われ敗訴が確定したが、「大津地裁は元社長と国が連帯して約七千万円と利子の支払いを命じたが、国が全額負担した。

県と折半して払った分も含め、国の負担額全額を元社長に求める」「従業員の受けた損害は元社長の不法行為や横領などが原因」として、国から既に支払われた賠償金約一億二一六〇万円を元社長が国に支払うよう求める訴えを大津地裁に起こした。

賠償金のうち大津地裁判決が「連帯して支払え」と命じた部分について、国は昨年六月、障害者らに利子などを含めた約一億二一六〇万円を支払ったが、元社長は賃金の不払いなどで直接利益を受けた。労働基準局職員は元社長の不法行為に加担していないとして、国が負担する義務はないとしている。

元社長は、「国は私を悪者にして体面を保とうとしている。支払うつもりはない。虐待はなく、裁判所で証言した原告らを偽証罪で告訴する」と話しているという。同じく敗訴し約三二〇〇万円を障害者に支払った滋賀県は、「国の提訴は知らなかった。元社長への請求も検討する」としている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2014/08/15

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |