FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.03.15 (Sat)

関連施設運営休止へ 職員の退職相次ぎ 袖ケ浦の施設虐待

知的障害がある児童らが入所する袖ケ浦市蔵波の県立福祉施設「養育園」で昨年11月、入所者男性(19)が暴行を受け、その後死亡した事件を受け、運営する社会福祉法人で職員の退職希望者が相次いでいることが14日分かった。同法人は独自に運営する障害児デイサービス施設「児童デイサービスセンター風の子」(定員10人)を4月から休止することを決めた。同日の県議会健康福祉常任委員会で県が明らかにした。

県障害福祉課によると、社会福祉法人「千葉県社会福祉事業団」の職員19人が今月末での退職を希望。例年の倍以上の人数とされる。事業団は養育園や県立障害者支援施設「更生園」などの運営に支障を出さないように職員をやりくりするため、障害児デイサービス施設を休止することとした。

同施設は、養育園と同じ敷地内にあり、障害児の放課後生活支援施設。51人が契約して活用している。すでに施設利用者に説明会を開き、近隣の施設を紹介。職員が補充され次第、運営を再開したい意向という。

同事件は、養育園の寮内で男性の腹を複数回蹴り死亡させたとして、元職員の男(23)が傷害致死容疑で県警に逮捕された。県の調査で男を含めた職員5人が男性に暴行していたことが確認されており、事業団は5人全員を解雇している。

川島貞夫県健康福祉部長は逮捕について「県民の信頼を損なう事態となり、おわび申し上げる」と謝罪した。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:-0001/11/30

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |