FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.04.23 (Wed)

票集めにはウッテツケ

大阪府茨木市議会の中内清孝議長(67)が選挙区内の社会福祉法人あい・あい福祉会に約10年間、現金を寄付していた問題

票を大量に確保するには団体と仲良くする、これ選挙対策の第一歩だな。
労働組合なんかそうだ

障害をもった子供の保護者は横の繋がりが強い。
福祉法人の職員が50人いれば50票。利用者80人いれば保護者で160票だ。また、施設間の交流で「その候補者は障害者に理解がある」とわかれば応援するもんだ。

最近の事件では
医療法人徳洲会グループの公職選挙法違反事件

2011年4月
公選法違反:施設次長を逮捕 障害者に投票干渉容疑--美馬 /徳島
県警は11日夜、統一地方選で実施された知事選と県議選の期日前投票で、入所する知的障害者2人に特定の候補者への投票を働き掛けたとして、美馬市脇町の知的障害者更生施設「ルキーナ・うだつ」次長、津川史郎容疑者(55)=同市穴吹町=を公職選挙法違反(投票干渉)容疑で逮捕した。容疑を認めているという。

県警によると、津川容疑者はマイクロバスで複数回、入所者を引率していたといい、他の入所者にも働き掛けた可能性があるとみて調べている。
逮捕容疑は、今月7日午後、同市内の期日前投票所で、成人の女性入所者2人に知事選と県議選の各候補者の名前が記入された紙を持たせ、その候補者に投票するよう働き掛けたとしている。

県警によると、紙には、知事選で3選した現職の飯泉嘉門氏と県議選・美馬第1選挙区で自民公認で立候補して当選した藤田豊氏の名前が書かれていたという。県警は12日、施設を家宅捜索。引率時に一緒だった別の男性職員からも任意で事情を聴いている。

施設は知的障害者の親らでつくる「全日本手をつなぐ育成会」の県組織が運営。入所者は約40人という。

Blog Top  | つぶやき | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |