FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2011.09.29 (Thu)

みのり福祉会:県、再び改善命令 「1億1200万円の不適正支出」 /鳥取

県は28日、村田実元県議が2月まで理事長を務めていた社会福祉法人「みのり福祉会」(倉吉市、村田速実理事長)に約1億1200万円の不適正支出があったとして社会福祉法に基づき改善命令を出し、11月28日までに改善報告書を提出することを求めた。同会は1月にも国や県からの交付金を借入金の返済に充てたことなどで改善命令を受け、2月に役員を一新していた。

県によると、村田前理事長や親族が1999年ごろから会の関連施設が利用する土地などを取得。土地代金は同会が支払ったにもかかわらず、同会と賃貸契約を結び、親族らに利用料が支払われる仕組みになっていた。3カ所の土地購入費約3400万円のほか、賃貸料として約5200万円が支出されていたという。

村田前理事長の香典代として使われた費用のうち県議の肩書で出したものがあることも判明。2001年からの10年間で、少なくとも約620万円分が不適正だと判断された。また村田前理事長への役員報酬が理事会の議決を上回る額となっており、04年から7年間で超過分約1350万円が不適正に支出されていた。村田前理事長の個人債務を同会の債務として付け替える行為もあったという。

1月の改善命令以降、継続して県が監査を続けていたところ、今回の事案が判明した。県によると同会が提出した弁明書で村田前理事長らは「弁済していきたい」という意向を示しているという。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:-0001/11/30

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |