FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.08.25 (Thu)

爪はがし:京都の看護助手 傷害容疑逮捕 7年前にも事件

勤務先の京都市中京区の病院で女性患者(80)の爪をはがしたとして、京都府警五条署は25日、同市西京区川島六ノ坪町、看護助手、佐藤あけみ容疑者(37)を傷害容疑で逮捕した。

容疑は、24日午前10時半ごろ同市中京区の毛利病院で、入院中の女性患者の左足親指の爪をはがし軽傷を負わせた、とされる。同署によると、佐藤容疑者は「みんなの仕事についていけず、いらいらした。指ではがした」と容疑を認めているという。病室には他に数人の患者がおり、被害女性は認知症だった。
 
佐藤容疑者は04年に同市内の別の病院で入院患者6人の手足の爪計49枚をはがし、軽傷を負わせたとして傷害罪に問われ、06年1月に懲役3年8月の実刑判決を受けた(1審で確定)。
 
服役後、毛利病院の求人に応募し、今月6日前後からシーツやおむつ交換の業務に従事していた。同病院によると、採用の際の履歴書に前回の事件についての記載はなく、知らなかったという。
 
24日正午ごろ、別の看護師が女性患者の足指から出血しているのに気付いた。病院の内部調査に対し佐藤容疑者が「私がやりました」と認めたため、午後6時ごろ同署に通報した。今月に入って同病院で患者の爪がはがれる事案が数件あり、関連を調べる。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:-0001/11/30

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |