FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.06.04 (Sat)

NPO法人ずさん経理 高知県佐川町

佐川町で障害者自立支援法(支援法)に基づく障害福祉サービス事業所を運営するNPO法人「わくわくライフステージ」の運営・経理がずさんだとして、県は近く事業所指定を取り消す方針を固めた。

国や自治体の給付で大半をまかなう運営資金で釣り具を買うなどしていたという。
同法人は、県立の特別支援学校教諭が非常勤で理事長を務め、卒業生の雇用の場を確保しようと2006年に設立。佐川町で知的・精神障害者向けの支援施設やグループホームなどを運営し、現在は町内外の約30人が利用している。10年度は国や県などが月額計約560万円を給付した。

県が4月初旬から監査したところ、利用者ごとの支援計画づくりや施設ごとの会計管理・運用がずさんで、10年6月以前の一部帳簿の紛失が判明。県は「重大な法令違反が認められ、改善は見込めない」と判断した。

県によると、法人は役員や職員らから3千万円以上を借り入れる一方、計約300万円分の釣り具を購入。職員給与が少ないときでは月約2万円と記載されたり、別に仮払いされたりしていた。仮払いについて施設側は「施設が個人に貸した」、職員側は「給与の代わりだった」と説明しているという。法人は4月、設立当初から出納や施設管理を統括してきた常勤理事の施設長(47)を解任。理事長は県に「施設長に任せていた」と釈明しているという。

一方、元施設長は高知地裁須崎支部に地位保全の仮処分を申請中で、朝日新聞の取材に「会計処理の不手際はあったが、不正な流用や蓄財はしていない。現場が理事会の無策をカバーしてきたが、責任を負わされじくじたる思い」などと主張した。理事長は「係争中のため、取材に応じられない」とコメントした。
利用者への支援継続について、県障害保健福祉課は「利用者や保護者の意向を聴いて対応したい」としている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:-0001/11/30

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |